WordPress高速サーバーとサーバーの特長

WordPress高速サーバーとサーバーの特長

WordPress高速サーバーとサーバーの特長について簡単にご説明します。

WordPress専用サーバーが一番高速

WordPress専用サーバーはWordPress運用のみに特化し、サーバー構成やチューンアップもWordPress向けに最適化されています。よって基本的にはWordPress専用サーバーを選ぶのが最も高速化への近道と言えます。

この分野ではwpXがリードしており、最近登場したカゴヤWordPress専用サーバーも今後の成長に期待できます。GMO系列ではCorepress Cloudやz.com WPがあり、これらはステージング機能が付属しています。しかし動作はもっさりとしており、やはりwpXのレスポンスには敵いません。

WordPress専用の高速クラウドサービス【wpX(ダブリューピーエックス)クラウド】
wpX(ダブリューピーエックス)は、圧倒的な高速性能を誇るWordPress専用レンタルサーバーです。
px.a8.net

COREPRESS cloud コアプレスクラウド
COREPRESS Cloud(コアプレスクラウド)は、通常は基本価格で利用、アクセス増大時には自動スケールアウトを行い、高い安定性と速度を誇る、WordPress専用のクラウド型ホ…
px.a8.net

高性能な共有サーバー

WordPress専用サーバーは独自のキャッシュ機能を提供している事があり、場合により使用できないプラグインがある場合があります。そういった場合、次の候補として高性能な共有サーバーがあげられます。

WordPress運用に特化したサーバー構成ではないものの、WordPressを設定次第では高速に運用できる汎用かつ万能なサーバーとも言えます。

共有サーバー界の王者的存在なエックスサーバー

例えばXSERVERではApacheに加えNginxを導入しサーバー全体に20コア、192GBメモリ、SSDという構成を採用しあらゆるサイトが高速かつ、比較的負荷にも強く運用できるようになっており数多くのユーザーによりお薦めとされているサーバーです。

企業サイトや団体サイト等で常時大量アクセスがほとんどないサイトであれば1秒以下又は1秒台で運用できる性能があります。(再販は厳しいので自社サイト以外のサイト運用には要注意。)

高価なCDNを無料化したロリポップ

エックスサーバーと比較するとサーバー性能は劣りますが、コンテンツキャッシュという新機能を無料で導入しました。コンテンツキャッシュとはCDNの事で、サーバーとは別のコンテンツ配信サーバーに一時的にサイトを保存させる事でウェブサイトの高速表示を実現しています。

サイト高速化のためにサーバーを高性能にするのではなく、別のアプローチでサイト高速化を図ったのがコンテンツキャッシュです。CloudFlareと似てますがCloudFlareの場合日本からのアクセスが必ずしも日本サーバーを介さない事から、速度面ではロリポップのコンテンツキャッシュが優れていると思います。

負荷に応じたプラン変更が出来るクラウド型サーバー

共有サーバーの欠点はサイト負荷が高まると上位スペックを持つ他社サーバーへ乗り換えが必要でした。その面倒さを解消したのがMixhostJETBOYに代表される共有サーバーとクラウドを組み合わせたスケーラブルな共有サーバーです。

最初は低いプランで安く、サイト成長に応じてより大きな負荷にも耐えられる上位プランへ無停止で変更できる事で成長を見込んだサイト運営に適しています。ApacheやNginxよりも高性能とされるLiteSpeedを基盤としている点も共有サーバー業界においては新しいです。

今後の共有サーバーは基本、こういったスケーラブルな設計が求められるでしょう。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NX79P+A2000I+3JTE+5YJRM

JETBOYレンタルサーバー | SSD標準の次世代ホスティングサービス
JETBOYレンタルサーバーは、次世代高速WEBサーバーLiteSpeedと驚異のCPU28コアを搭載した次世代高速SSDレンタルサーバーです。月額817円マルチドメイン無制限でご利用可能…
px.a8.net

自分で好きなようにチューニングするVPS、専用サーバー

WordPress専用サーバーも共有サーバーもサーバー管理は必要ありません(ここで言うサーバー管理とは、黒い画面でコマンドライン操作が必要な作業です)。

さて、VPSや専用サーバーの利点は他のユーザーによる影響を受けにくい点です。共有サーバーは1台のサーバーを複数契約者で共有するため自分のサイトが高負荷となれば停止されますし、他人のサイトが高負荷となればレスポンスが遅くなります。

(VPSは一応共有ですが共有サーバーより自由度があります。完全に独立した環境をお求めなら専用サーバーをどうぞ。)

またサーバー設定も万人受けする設定ですが、VPSや専用サーバーだと運営するサイトに適したサーバー設定、チューニングが可能です。

当然ながらLinux等の知識がない方には全くお薦めできませんが、当サイトで紹介したServerPilot等を使うと素人でも安全に自分だけのサーバーを手に入れる事ができます。